読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうすぐ長男に学年末試験が襲いかかる

風呂から上がって自室に戻って来たところです。日付は変わっています。ホントは病み上がりなのでもっと早寝をしなければならないところなのですが、この時期そうもしていられません。といいますのは再来週の月・火は中2の長男の学年末試験。当家ではそれを前にしたこの時期は親の出番になります。

 

高校進学の内申の評点に大きく影響する今回の学年末試験。只でさえ親としては神経質になってそ舞うところですが、そこへ持ってきて学校もえらいスケジュール組むな―と思うのですが、来週の火~木が修学旅行で京都方面なんです。とにかく時間が足りません。

 

一応塾には行かせているのですが、普段は何の勉強もしていないらしいのは、妻の証言で分かります。平常、妻も長男と向き合うと本気になるあまり、まあ当然だと思いますが、少々強くものを言ってしまいます。そして反抗期真っ只中の長男も、口で抵抗しきれぬと見れば時には手足も出る様子。なかなか妻も苦労しているようです。

 

従いましてこういう大事な時期になると、「お父さんからもいってちょうだいよ」或いは「勉強見てやって」ということになります。

 

まあ試験のたんび、いつもそうなんですが、ほっとけばすっかりあきらめムードでマンガ読んだり、ゲームをやったり、妻が取り上げるまでは進研ゼミにくっついてきたIPadでYouTube見たりと、困ったものです。

 

そこで金曜日に一度カミナリを落としました。

私 「(ガー)!」

息子「なんでおとうさんが言って来るんだよ! 関係ねーだろ! お母さんに聞くからいいよ!」

私 「てめーはおかーさんのゆーとーりやらねーじゃねーかっ!!」

息子「(黙)」

しばし、にらみ合い...

私 「机に戻ってすぐ始めろ!」

 

なんて感じでしたが、功を奏したのか、少しエンジンがかかってきた様子で、「おとうさん、これってどういうこと?」なんてワークを持って近寄って来るようになりました。

 

とにかく「わからない」部分を「わかろう」とする行為が面倒くさくて、壁になっているようなんですね。分かりだすとその科目には何だかわかりませんが、数日前が嘘のように自信がついてしまいます。しかし、自信のある科目の次に「じゃ、今度はそっちやってみ」とまだ準備の整わない科目を支持すると、突然、「ねむい...」とか「これ捨てた...」などとまるで別人です。「じゃ、今日はそれいいから、そっちやってみ」と自信の付きかけた別の科目を指さすと、また突然、目をかっと見開き、「よーし」ってな調子。気長に付き合うつもりです。

 

子供の習性について書きましたが、今回は子供を責められないかもなあと思うのは、各科目とも比較的難しい部分が出題範囲かも知れませんね。まあこれは結果を見据えた自己弁護になってしまうのかもしれませんけど。例えば理科。「天気」「電気」が同時出題ですね。昔自分が中学生で高校入試を前にしたとき、理科はこの2分野がヤマと思ってました。今回それが同時に来るんですからね。困ったものです。他の科目でも、例えば英語では、「比較」と「動名詞」、数学では「角度」と「図形の証明」、国語では「用言の活用」「助詞・助動詞」などなどです。でも見てると懐かしいのが出てきます。「三角形の合同条件」とか「オームの法則」「か・き・く・く・け・け(こ)」などなど。あと驚いたのは、今は数学の証明問題に「仮定と結論」という言い回しを使うんですね。「○○○ならば~~である」の「○○○」が「仮定」、「~~」が「結論」だそうです。高校では聞いたことありましたが、中学のここで使うんですね。これは知りませんでした。

 

長男にとって最難関は上にも書きましたが「図形の証明問題」ですが、現状まだ見るのもいやみたいです。塾は個別指導塾なんですが、先生に「数学やろうか」と言わせないために「先生、社会は結構できてきて、理科も大丈夫になってきました...あと英語がなあ...」「じゃ、英語やってみようか」てな調子で切り抜けているようです。私には「今週の土曜日に図書館行こうと思うから、そんとき数学教えてくれる?」なんてのんびりしたお言葉。「まにあわねーよ。もう明日の晩からだ!」と怒鳴ったところです。

 

どうなることら。

 

今日は「長男の期末試験対策」についてご案内いたしました。